前へ
次へ

現在の医療に満足していない時は

現在の医療に満足していないなど、主治医とは別の意見を聞きたい時に便利なのがセカンドオピニオンです。
今の治療は適正か、もしくは違う治療法があれば知りたいなど、それらの場合は効果を発揮しますが、転院先として打診する目的では不向きです。
また、セカンドオピニオンを行う際は、先ず主治医の治療方針をしっかり把握しておかねばなりません。
この点が理解不足では正しく相談できないため、なぜ今の治療方針を採用しているのか、その理由も確認しておきましょう。
そして、できれば主治医に紹介状を書いてもらい、これまでの治療経過や検査結果なども用意しておくのが理想的です。
さらに、セカンドオピニオンの予約も主治医の了承を得てから入れた方が良く、予約先にはセカンドオピニオンの専門外来を選んだ方がスムーズと言えます。
いずれの医療機関も、セカンドオピニオンの相談時間は長くても1時間程度です。
限られた時間を有効に使うためにも、聞きたいことは優先順位をつけて書いたメモを持参するのがポイントです。

Page Top